音楽用語を覚えるコツ3つ

ソルフェージュ, 譜読みでやっていること楽語

「譜読み」でやっていること~音符に隠された情報編の中で、楽語(音楽用語)について取り上げました。
音楽用語がパッとわかると、譜読みが早くなって、楽譜から読み取れる情報を いちだんと 増やすことができます。
本記事では、音楽用語を覚えるコツを、3つご紹介します。

音楽用語辞典で意味を調べよう

「譜読み」でやっていること~音符に隠された情報編でもご紹介しましたが、音楽用語は大まかに次の4種類に分類することができます。

  • 速さを表す言葉
  • 音量を表す言葉
  • その場所の表情や雰囲気を表す言葉
  • 弾き方に関係する言葉

 

て言われてもさぁ、モデラートって速さの言葉?雰囲気の言葉?
ドルチェって速いの?遅いの?おいしいの?

調べ始めると、遅かれ早かれ、このようなギモンにぶつかります。
まずは、音楽用語辞典を使って、大ざっぱな意味を調べましょう。
速さ・音量・雰囲気・弾き方のどれに当たるかも、知ることができますね。

ちなみに、ドルチェがおいしいのは正解。イタリア語でお菓子のことを表します。

 

 

楽典の本も使えますよ。

 

イタリア語やドイツ語の辞書を見てみよう

音楽用語辞典や楽典の本を見ると、用語の後ろに「伊」とか「独」とか「仏」とか書いてあるけど、あれはなあに?
よく気が付きましたね。その言葉がどこの国の言葉かが、書かれているんですよ。

 

伊はイタリア語、独はドイツ語、仏はフランス語を表します。
Italy
仏さまではない
Buddha

イタリア語の音楽用語は、日本では「音楽用語」にカテゴライズされますが、イタリアではふつーの言葉として使われています。
ドイツ語やフランス語も同じ。その国でふつーに使う言葉が、音楽用語になっているのです。

 

Allegroは速くない?
手元の伊和中辞典で、Allegroを引いてみました。一部を引用します。

  • 陽気な、快活な
  • (考えなどが)明るい、朗らかな
  • のんきな、だらしない
  • ほろ酔いの

あれれ・・・「速い」なんて一言も書いてない。
そう、Allegro自体には「速い」の意味はなく、ご陽気になった結果、若干速めになるという具合なんですね。

こういう本も参考になりますよ。私もよく読みます。

 

自分なりのイメージをつくろう

ここまでで、音楽用語辞典や、イタリア語やドイツ語、フランス語の辞書を調べてきましたね。
調べがついた言葉から、自分なりのイメージが湧いてきていませんか?
絵が浮かんできたり、「あの頃のあんな気持ちかなぁ」なんて思ったり…。
具体的に「あの曲のあの辺りみたいな感じ!」と思い浮かぶ方もいるかもしれませんね。

Memory Reminiscence

イメージが湧いてきたら、しめたもの。
あなたの記憶を助ける道具になることでしょう。

 

意味やイメージが似ている言葉もある
調べていくうちに、意味やイメージが似ている言葉にも出会うと思います。
そうしたら、大ざっぱにカテゴライズしましょう。
遅い系、速い系、歌う系、激しい系・・・
イメージの何かが似通って来るので、覚えやすくなりますよ。

知っている音楽用語を増やして、楽譜からより多くの情報を読みとりましょう!