アマオケでドヴォルザークのチェロ協奏曲(ドヴォコン)を演奏してみた

アマオケアンサンブル, オーケストラ, チェロ, ヴァイオリン

先日、アマオケでドヴォルザークのチェロ協奏曲(通称:ドヴォコン)を演奏する機会がありました。
もちろんオケのほうで(笑)

チェロコンチェルトと言えば、やっぱりドヴォコンだよね!
どうしてあんなに美しいんでしょうね・・・。聴いてるだけで既に幸せ噛みしめちゃいますね。
うちのオケでもやりたいにゃー!

超!名曲ゆえに、聴くだけでは飽き足らず、「弾く側に回りたい!」という方も多いことでしょう。
今回は、ドヴォコンをアマオケでやると起きる現象をご紹介します。

ドヴォコンをアマオケでやると起きる現象4つ

協奏曲は、ソリストありきで進みます。
上手くいくかどうかもソリスト次第。

でも、練習に毎回ソリストさんが来れるわけはなく。
本番のソリストさんと一緒に練習できるのは、最後の2~3回ぐらい。非常に限られた時間になります。

つまり、ソリスト抜きで、オーケストラだけで妄想膨らませる時間が長いってこと。

それ故に起きてしまう現象を4つ、ご紹介します。

Solo

 

オケがソロチェロを消しちゃう

コントラバス奏者の方から、こんな話を聞いたことがあります。

ピアノで伴奏するのがいちばん難しい楽器は、コントラバス。
そもそも低音は聞こえにくい上に、ピアノの方が音域が高いから、上手にやらないとピアノがコントラバスをかき消してしまう。

コントラバス→ソロチェロ、ピアノ→オーケストラと置き換えても、同じことが言えます。
 オーケストラが張り切りすぎて、ソロが聞こえなくなるんですw 

まずはソリストの音が聞こえる音量で弾くのが大事なんですが、そうは問屋がおろさない。
ソリスト付き練習はだいたい演奏会直前のみですから、それまでに着いたクセが急に取れるかと言うと・・・ハードル高いと思う。

チェロに限らず、ソロ楽器が低音楽器の場合に起こり得る現象です。低音楽器ゆえの難しさ。

Big, Sound

 

3楽章のソロでコンマス頑張り過ぎちゃう

ドヴォコンの3楽章は、最後のほうに、ソリストとコンサートマスターによる、ステキなデュオがあります。
「涙が出る」だの「感動モノ!」みたいな言葉では到底表し切れないほどの美しさ。

もはや、「美しさ」って言葉すらも薄っぺらく感じるレベルだよね。

ぶっちゃけ、ソロチェロよりも、コンサートマスターが弾くメロディの方が目立つ場所。
だから、コンマスが張り切って弾いちゃうのね。

でもね、楽譜をよ~~~~~く見てください。
ソリスト以外は、強弱記号がピアノなんです・・・。

dvocon

 

種明かしをすると
高音だし、ハリの強いE線で弾くので、たとえ音量を抑えて弾いても、遠くまで通る音で聴こえる。
むしろ、頑張っちゃうと、強烈な音になり過ぎてしまって、雰囲気を壊しかねない。

というわけでコンマスを務めるあなた、くれぐれも頑張り過ぎないほうが良いですよ。

Sleep

 

名演奏を聴きすぎた結果、ソリストがやりたいこととの乖離が起きる

天下無敵のドヴォコンともなれば、名演奏・名録音は数知れず。あえてここでご紹介する必要もないでしょう。
それゆえに。

みんなが、ありとあらゆる名演奏を聴きすぎる

ソリストのやりたいことよりも、いろんな名演奏に(良い意味で)毒されたオーケストラが勝っちゃう

Dilemma

タメたくない所でタメたり。
テンポがまるで違ったり。
揺らしたい所なのに、すすーっと進んじゃったり。

名演奏を聴くなら、何人か聴きましょう。
10人聴いたら10人とも違うから。
十人十色とはまさにこのこと。

 

ヴァイオリンは、休符が多い2~3楽章をどう過ごしていいかわからない

オーケストラでは大方弾きっぱなしのヴァイオリン。
でも、ドヴォコンのヴァイオリンパートは、第2楽章の後半・第3楽章の後半(1stVnのみ)がヒマなんです(笑)
2楽章は約5分ぶんの休符があります。

終始弾きっぱなしになることが多いヴァイオリン弾きにとって、5分間も舞台の上でじっとしているのは、ぶっちゃけ苦行ですw
正直ね、何をしていいかわからないんですよ。
金管の皆さまのように、長い休符に慣れてないもので・・・。

Tea, BreakAfternoon, Tea

 

今回は、ドヴォコンあるある現象をご紹介しました。
何やかんや言っても、究極の名曲だと思います♪
あるあるネタに負けず、ぜひチャレンジしてくださいね!