聴音って何のためにやるの?

2018-04-25ソルフェージュ聴音

音大入試の科目にある「聴音」。
「先生がピアノで弾いた曲を正しく書きとるやつ」みたいな説明がなされてるアレです。
学校によっては、オソロシイほど難しい問題が出ます。「・・・・・・絶対音感のあるなしを見てるよね?」と言いたくなるようなこともある・・・。

スポンサーリンク

何のために、聴音の練習するの?

ところで…聴音の練習をする目的って、何なんでしょう?
できたところで何になるんだ?と思う人がいても、全然おかしくありません。
何故なら、かつての自分も、そう思っていた一人だから。

そもそもは、正確に「聴く」練習

自分がどう弾いてるか?って、意外と聴けていないものです。
音やリズムの正確さ、ニュアンスなど。
それらを客観的に聴けるようになると、楽器の上達も早くなります。
「何をどう改善するか」の「何を」の部分が解決するわけですからね。

レッスンで注意されたことが改善できたかも、自分でわかるようになりますよ。

インプットとアウトプット

ここでも書きましたが、「インプットとアウトプットの練習」だと思うのです。
聴いたものをその通り弾けなかったとしても、歌えていればとりあえず大丈夫。

ほら、書けないけど読める漢字ってあるじゃないですか。
でも、書けなくても、読み方がわかれば、調べる術がありますよね。
弾けなくても、まず歌えていれば、あとは適切な指使いや弾き方を考えれば良いわけです。

あくまでも、「聴いた通りに表現する練習」なのであって、
「書けてるか書けてないか」は、本質ではありません。
書き取りは、アウトプットの1つの手段でしかないのです。

 

でも、書く練習は要る。

自分で楽譜を書くと、楽譜に書いてある内容の理解が、より深まります。
楽譜の仕組みや法則も、わかるようになります。
漢字の書き取り練習に通ずるかもしれませんね。
リズムの表記など特に、ふだん弾いている感覚とは一致しにくいものです。

※小さい生徒さんですと、年齢にもよりますが、書くことそのものが難しい子もいます。
その場合は、音符やリズムのカードで、代用しています。

書いたものは、歌ったり弾いたり

書いた結果も、必ずアウトプットが必要です。
これが意外とムズカシイ。
歌えてもその通りに書けてなかったり…。
歌うだけでなく、楽器で弾いたりもします。

 

聴音って、何の略?

最後に、私が高校生の時に、先生から言われた言葉を紹介します。

 「聴音」は「音楽を聴く」の略だよ。 

 

「腑に落ちる」という言葉がしっくり来た瞬間でした。