実体験を伴わない知識は教えられない+伝わらない

ほんとうの雑記

大学生の頃から、人にレッスンをする側に立つようになりました。
レッスンを受ける側と逆の立場になって、わかったことがあります。

実体験を伴わない知識は教えられないし、伝わらない。

スポンサーリンク

実体験を伴わない知識は教えられないし、伝わらない

自らが体感したこと、心の底から実感したことは、なんやかんや伝わります。
うまい言葉が思いつかなかったとしても、実体験があるので、説明や言い換えが利く。

いっぽう、表面的な知識は、言い換えのしようがない。
なぜなら、本質を体感していないから
私に質問した後しどろもどろしていたら、表面的な知識を説明した時の可能性が大きい(笑)

Presentation

ヴァイオリンを持つときの腕の形?

小学生の頃、ヴァイオリンの先生から、 ヴァイオリンを持つときの腕の形は、赤ちゃんを抱く時の感じと似ている と教わった経験があります。
身近に赤ちゃんも居なかったし、ぬいぐるみとは勝手が違うし(そもそも結構大きなぬいぐるみだぞ)、犬や猫も飼ってなかったし、当時は全く理解できませんでした。今も実感としてはわからぬままである。

大学生になって、自分が初めて人にヴァイオリンを教えた時、生徒さん(小学生)にこの例え話をしてみました。
一切伝わらなかった。

それ以外の説明の仕方も、思いつかなかった。

自分にとって ヴァイオリンを持つ という行動は、「こうやって覚えた」的なものが無い事柄だったからでしょう。
以来、「ヴァイオリンを持つときの腕の形≒赤ちゃんを抱く時の感じ」の説明は使っていません。

Baby

付け焼き刃の知識で、本質は伝えられない

実体験を伴わない、いわば付け焼き刃な知識で伝えられることは、表面的な内容だけです。
つまり、本質は伝えられない。

今までに一度だけ、同業者の方に、自分の知識を搾取されていると感じた瞬間がありました。
相手から、金の匂いしか感じなかったからだろうなー。

お互いの勉強になっていれば別に構わないんですよ。
こちらにも学びがあったのなら、いわば物々交換だし。

でも、その方から学び取りたいと感じる事柄は、ほとんどありませんでした。

「金の匂いしかしない奴と関わってもロクなことない」ってことぐらい。

人から搾取した表面的な知識を人に教えたところで、きっと伝わらないでしょう。
ついでに言うと、そういう人は、いつかメッキが剥がれると思ってます(笑)

実体験をふまえてブログ書いてます。

このブログの記事は、私が実体験に基づいて書いている内容がほとんどです。
伝え方のせいで、私の意図することが伝わっていない部分はあると思うので、ブログ読んでそのまま実行しても、うまくいくとは限りません、残念ながら(汗)
でも、少しでも伝わっていれば嬉しい。

文字で伝えきれない情報は、レッスンを通じてお伝えできると信じています。
というわけでレッスンページ絶賛改訂中。