フリー音楽家の確定申告は「やよいの白色申告」「やよいの青色申告」アプリで簡単に済ませよう!

2019-02-20ほんとうの雑記フリーランス, 音楽家

平成最後の年も、1か月が経とうとしています。
うかうかしてる間に、フリーランス音楽家とは切っても切れない関係の、アイツがやってきます。

そう、確定申告

めんどくさいんだよねー確定申告。
お金戻ってくるから頑張れるけど、領収書かき集めて、ひたすら計算して、挙げ句の果てに計算間違えて・・・
はあ。なんとかならないものかしら!

え、まだ自力で計算してますか?確定申告。
その手間、会計ソフトで有名な弥生のクラウドアプリが解消してくれますよ。

「やよいの白色申告オンライン」「やよいの青色申告オンライン」は使いやすい

始めるのは簡単です。会員登録すれば、すぐに始められます。

yayoi01-00
画像左の「かんたん取引入力」から、大抵のことが入力できちゃいます。
どこからいくら収入があった、何の経費にいくら使った、などなど。
(画像は「青色申告オンライン」のものですが、白色申告にも「かんたん取引入力」のメニューがあります)

 

yayoi01-01

「かんたん取引入力」の画面は、こんな感じ。
科目(交通費、通信費…etc.)などは、プルダウンメニューから選択すればオッケー。

 

yayoi01-01-02

「あれ!?楽譜に書き込む用の鉛筆買ったのは、どうやって入力してたっけ!?」なんて時は、こんな風に検索できます。

yayoi01-05

確定申告の書類も、指示に従って入力していくだけで、カンタンに作れます。
計算も勝手にやってくれますから、間違いようがありません。

後述しますが、自分の収入・経費・利益をグラフで表示できる機能もあります。
自分の稼ぎが一目でわかるので、ぬか喜びもできるし、落ち込むこともできます(笑)

 

スマホアプリで日々記録していけば、確定申告シーズンに慌てない!

フリー音楽家の経費は、日々発生します。
交通費、楽器のメンテナンス代、必要な楽譜のコピー、打ち合わせにかかる費用・・・。

1年分が積もり積もれば膨大な量になるし、計算した時に間違いも起きやすいですよね?

Chaos

でも、弥生のクラウドアプリなら、日々ちまちま、スマホから入力できます。
確定申告の時に、慌てなくて済みますね。
私は、移動の電車でポチポチ入力しています。

yayoi01-02

「口座連携」を使うと、仕事用の口座やカードの情報を、自動で取り込む設定にもできます。
(ちなみに私は使ってない)
「弥生 レシート取込」は、領収書の保管と入力に使えます。
スマホでカシャっと撮るだけなので、便利です。
(時々画質がアレだけど…機械のせいかな?)

 

白色申告なら無料で使える!青色申告も初年度は無料(サポートなしの場合)

やよいの白色申告オンラインは、ずっと無料で使えます。初期費用もかかりません。

やよいの青色申告オンラインは、初年度無償キャンペーンをやってます。
次年度からは年額8000円になりますが、 月あたりに換算すると666.6666円! 

な、な、なんと。ペットボトル4本分。画像は3本だけど気にしない気にしない

Japanese, Tea

捻出できない金額ではないですよね。

しかも、経費で落とせる

やよいの白色申告オンラインから、やよいの青色申告オンラインに移行することもできます。
白色申告で入力したデータは青色申告に引き継げるし、操作性もほとんど変わりません。
体験版もあります。

青色申告をする場合は、税務署への届けが必要です。
届出をしていない方は、とりあえず、やよいの白色申告オンラインで操作性をお試しあれ。

ちなみに・・・
青色申告で65万円控除を受ける場合は複式簿記というムズカシイやつが必要なのですが、これも、やよいの青色申告オンラインなら、思ってたほど苦労せずにできるらしいよ。

電話サポートはつける?つけない?

月々の負担は少し増えますが、電話サポートをつけることもできます。
(白色申告は初年度4000円、青色申告は初年度6000円)

ちなみに私は、電話サポートを付けていません。
自分が気になっているポイントは、ググればある程度の答えが出て来ますし、確定申告に関する本を1冊読んで税金の仕組みを知るだけで解決できるポイントもあるからです。

えー、不安だなー。できるかなー。
不安だったらサポートつければいいんじゃないかな。

 

確定申告をカンタンに済ませて、税金や会計の仕組みも知りたい人には、弥生がおススメ

「確定申告をカンタンに済ませる」という点では、どのサービスやアプリでも大差ないでしょう。

参考:マネーフォワードクラウド確定申告
参考:会計ソフトfreeeの確定申告

ですが、私は弥生をおススメします。

弥生には、「レポート・帳簿」というメニューがあって、こんなことができちゃいます。
※画像にある金額や項目は、すべてダミーです。私こんなに稼いでないw いちどでいいから稼いでみたい

yayoi01-04

経費の内訳をグラフで出してくれて「交通費かかってますねぇついでに言うとコピー代多いねぇ」って自分でツッコんでみたり。

 

yayoi01-04-02

「何月はいくら稼ぎましたね。それに比べて今月はまあ少ないですねぇどうしたんですかお主」的なグラフを出してくれたり。

Teamwork

フリーランス音楽家は、個人事業主です。
つまり、自分1人で会社をやってるようなもの。

弥生を使えば、自分という会社の経営状況や、経営する上で必要な情報も、わかりやすく知ることができます。

演奏の仕事が多くて、経費は交通費が一番多くかかってますね。
レッスンの仕事も増やしたいなぁ。
宣伝の費用をかけてみようかなぁ。
こんな風に、自分の戦略を練る材料にもなりますよ。

 

唯一の難点は・・・

自分が使っている感想です。

・ブラウザ、スマホアプリ両方とも、動作がときどき重くなること
・レシート取り込みアプリで入力した摘要欄とメモ欄の内容が、取引入力の画面上で入力する内容と一致していないので、いちいち入力し直しになること

でも、グラフで表示してくれる機能と、入力が簡単なポイントをトータルで見ておススメしたいサービスが、弥生のクラウドアプリです。
まずは今年の確定申告にいかがでしょうか。