なぜヴァイオリンの先生がソルフェージュ?

2018-05-02ソルフェージュ

「ピアノの先生」が100人いたら、おそらく100人とも「ピアノを弾く人」ですよね。
「ヴァイオリンの先生」もトランペットの先生も、100人いたら100人とも「ヴァイオリンを弾く人」「トランペットを吹く人」ですよね。たぶん。

じゃあ、「ソルフェージュの先生」ってどんな人???

ちょっと答えに困りませんか?
そんな疑問に迫ってみようと思います。

スポンサーリンク

音楽家ならソルフェージュは教えられるはず

お子さんや、まったくの初心者の方が楽器を習う場合、楽器の弾き方以外に楽譜の読み方やルールも教えてくださる先生が多いと思います。
ここに、簡単な歌やリズムの練習が含まれることもあるでしょう。
でも、音大受験に向けたソルフェージュを教える先生のほとんどは、作曲家やピアノの先生です。

とても不思議。
私が通っていた東京芸大では、1学年に作曲科は15人、ピアノ科は約25人。弦楽器が約40人、声楽が約50人強。
(管楽器は正確な数字がわからないので割愛・・・23人いる楽理科はこれまた専門の領域が多種多様すぎるので割愛・・・関係者のみなさま、すまぬ。)

ぬぬぬぬぬぬぬぬぬ…………

作曲科とピアノ科足しても、声楽とか弦楽器より少ないじゃん!

ここでも書きましたが、音楽そのものと向き合う時間でもあるソルフェージュ。
それを、作曲やピアノ以外の先生が教えない理由って、無いですよね。たぶん。

 

ヴァイオリン弾きだからこそ、できること

私は、大学まではヴァイオリンを専攻していました。
今もオーケストラや室内楽でヴァイオリンを弾きます。
その経験から得たことを、ソルフェージュのレッスンに還元しています。

全音と半音の差を伝えたい時に、ヴァイオリンを使って音程を実感してもらったり。
四声体の和声聴音をする時に、弦楽四重奏をイメージしてもらったり。
実体験からいろんな伝え方を発想できているのは、強みだと思っています。
ヴァイオリンを習っていない小学生に、ヴァイオリンを使って全音と半音を体験してもらうと、目を輝かせて何かを吸収しています。
彼らの世界が広がる瞬間です。

 

必ずしもピアノを使う必要はない

音大入試の聴音は、ピアノで行われるケースがほとんどですが、
本当は、ピアノ以外の楽器も使われて良いと思うんです。
(指揮科の入試だと、木管四重奏とかで出題されたりもするんですけどね……)
実際の曲だと、ピアノと一緒に演奏する曲ばかりじゃないしね。

いろんな音大の入試問題をネットで閲覧してみましたが、
細かい音符をたくさん使ったリズムが含まれているケース、多いです。
その一方、全音符とか2分音符みたいな、中が白い音符が少ない。
・・・ピアノで弾くとすかたんになるからね。

オケ経験者なら、一度は経験してるであろう現象。

    • 伸ばし音符をやってる時の「・・・えーっと・・・・・・・・今、何拍目?」
    • 「3小節休み」を数え間違える
      (3小節なんて序の口や!と思ったアナタは、間違いなく弦楽器奏者じゃないはず!笑)

 

そう、ピアノだと、伸ばしや休みを数える練習ができないんです。

 

二の足を踏む理由。それは・・・

作曲とピアノ以外の先生が、ソルフェージュを教えることに対して、二の足を踏む理由の一つを挙げれば、

ピアノの腕前が人によりけりであること…。

音大では「副科ピアノ」というレッスンがあり、ピアノ以外の楽器を専攻している人も全員、ピアノを習います。
でも、入試課題や期末試験の課題は、本職のピアノ科の方々よりも全然易しい曲で済みます。

「入試のために高3になって慌ててピアノ始めて、入試の曲だけを必死に練習しました!」な人もいれば
ピアノ科顔負けに上手くて、何でも弾けちゃう人もいます。

私はピアノもヴァイオリンもほぼ同時期に始めて、中学で合唱コンクールの伴奏をしたり、高校・大学の7年間も副科ピアノのレッスンを受け続けたこともあって、
複旋律の聴音課題や伴奏つき視唱の伴奏などは、練習すれば一応、形にはできます。
とは言えやっぱり「………お手上げです。」な時もあるんですけどね…
(そういう時は、原曲を損なわない程度に簡単にアレンジしたりしますよ!)

でも、ピアノの腕前が問題になってしまう理由って、入試の聴音でピアノを使うことが前提になっているからだと思うんです。
そもそも、ソルフェージュって聴音だけじゃないのに…。
肌感覚でオーケストラの現場を知っているソルフェージュの先生って、そんなに多くないのでは。
伝えられること、たくさんあると思います。
ソルフェージュの先生は必ずしも、作曲家やピアノの先生である必要はないのです。

…もっと根本的なところまで辿れば「楽器を教える先生とソルフェージュを教える先生が別の人」なのが、そもそもの発端なのだとは思いますが、それは追々・・・。